30代 サラリーマン投資家 ぼっけいますおの目指せ!億リーマン

30代の平のサラリーマンが投資で1億稼ぎます!日本株や米国株にも挑戦、IPOにも積極的に参加しています。NISAや積立NISAを賢く使って家族を困らせない資産形成を目指します!

MENU

冬のボーナスが支給されました

サラリーマン 冬のボーナス 賞与

 

皆さんこんにちは、30代サラリーマン投資家の「ぼっけいますお」です。

 

サラリーマンの方は冬のボーナスは支給されましたでしょうか。

 

 

僕自身は今年の夏のボーナスの支給額が減りすぎてて今回は期待していませんでした。

bokkei.hatenablog.com

 

 

 

 

目次

中小企業や零細企業の現実は厳しい

ここ最近は今年の冬のボーナスについてのニュースがチラホラ出ていますが、公務員のボーナスは4年連続減少しているようです。

 

また下記ニュースサイトで中小企業と零細企業の冬のボーナスについての統計が発表されていました。

www.itmedia.co.jp

 

上記の記事とは別にこのような統計も出ています。

www.itmedia.co.jp

 

社会全体の支給額の平均と中小企業で働くサラリーマンとの平均支給額の差が激しいですね。。。

当然、業界や会社の規模でピンキリなので全体の平均値を見ても参考にならないです。

 

自分の勤めている会社の業界での平均支給額と自分の状況を比べて満足できればいいですが、納得できない場合はキャリアップなり転職なりを検討する必要もあるかと思います。

 

 

 

 

僕の支給額は

実際に中小企業で働く僕の支給額は手取りで43万円でした!

36歳、平社員で営業職ではありません。

自分の部署の業績はヨコヨコな感じで良くも悪くもなくです。

 

ちなみに会社の規模は社員200人程度で業界的には右肩下がりの業種です。

このコロナ禍では恩恵を受けることも無く、大きくダメージを受けることなくなんとか運営できています。

 

夏の支給額は大幅に減給となっていましたが、今回の冬のボーナスは前年以上でした。

昨年の明細を見ていないので正確な金額はわかりませんが、多分増額しているはずです。

 

この金額を多いと思うか少ないと思うかは、業種・業界・役職・年齢などで千差万別だと思います。

 

まぁ他人と比較してもしょうがないと思いますが、自分の働きに対しての対価として低く感じる企業に勤めているのあれば、昇進を目指したり転職することを考えたほうがいいでしょう。

 

自分で納得できるお給料をもらうためには、それを評価してくれる会社へ転職するのが一番です。

 

 

 

まとめ

日本人の平均勤続年数は12.1年、アメリカでは4.2年です。

 

日本人は終身雇用みたいな文化が根強く残っているので、年配の方で転職経験が無い方はたくさんいらっしゃると思います。

 

かたやキャリアップを目指して転職を繰り返して収入を上げていく人もいると思います。

 

自分の能力、経歴、家庭環境などで選べる選択肢は変わってくると思いますが、サラリーマンとしても悔いのない人生を歩みたいものです。

 

僕は今の会社に勤めて12年ほど経ちます。

 

このままこの会社にいたら万年平社員でサラリーマン人生を終えることになると思いますが、今のところ不満はありません。

 

責任もなく年収500~600万円ほどいただけているのでとりあえず良しと思っています。

まぁ賞与でブレますがね。。。

 

年収を上げることにそこまでこだわっていない代わりに、資産運用を頑張っていつでもFIREできる環境を整えて余裕のある人生を構築したいと考えています。

 

色々な生き方があると思いますので、みなさんも悔いのない人生を歩めるよう給料明細を眺めながら今一度見つめなおしてみはいかがでしょうか。

 

投資歴4年になりますが、自分の成功談や失敗談を公開することで

初心者投資家やこれから投資を始める人のシュミレーション的な感じで

色々と想像してもらえると、ご自身の売買で失敗が減ると思います。

 

僕以外の投資家の売買記録も参考にしながら、

銘柄の選定や投資スタイルを確立していただければと思います。

 

こういった情報発信をしていくことで

誰かのためになればと思ってブログを更新しています。

 

↓↓↓応援していただけると大変励みになります!


にほんブログ村 株ブログへ

 

※ブログの中で個別銘柄や投資商品に関して言及する場合がありますが、あくまで個人の意見ですので実際に投資をする際は自己責任でお願いします。

 

 

【初心者へのオススメ書籍】