ぼっけいますおの目指せ!億リーマン

平のサラリーマンが株で1億稼ぎます!日本株や米国株にも挑戦、IPOにも積極的に参加しています。NISAや積立NISAを賢く使って家族を困らせない資産形成を目指します!

MENU

直近の注目銘柄を公開 リブワーク(1431)編

f:id:bokkei:20210111150639j:plain




皆さんこんにちは、bokkei(ぼっけい)です。

2020年12月に発売された四季報から注目銘柄をピックアップしました!

 

銘柄の一覧はこちらの記事を参考にしてください。

 

bokkei.hatenablog.com

 

目次

今回ご紹介する銘柄

今回はリブワーク(1431)について分析していきたいと思います。

同社は熊本県、福岡県地盤の注文住宅メーカーです。

最近は神川県でも需要が高まっており、同県の企業を買収しており

徐々に対応範囲を広げていっています。

 

また、コロナ禍のためデジタル集客で経費を削減し、効率よく営業をしております。

 

 

リブワーク(1431)にたどり着いたきっかけ

なぜこの銘柄にたどり着いたかというと

四季報の見出しが【増額】になっていたからです。

 

毎号、四季報の後ろに袋とじ企画がありますが

その中で【見出し銘柄のその後】というコーナーがあります。

 

パット見た印象で、【増額】、【独自増額】の見出しだった銘柄が

その後の4半期で大きく株価が上昇しています。

 

全ての銘柄を詳しく見ることができないので

株価が上がる可能性が高い見出しが付いている銘柄から

更に自分の基準で投資したいと思える銘柄をピックアップしていけば

ヒット率が高いのではないかと思いまして、そういった基準で銘柄を選別しました。

 

なぜ注目なのか

僕自身、あまり不動産業界には知識がないため

どういった部分で比較をしていいかわかりませんが

単純に数字とチャートの動きに注目しました。

 

まず、上場して5年ほどの会社なので、まだまだ勢いがある会社だと思います。

チャートは2019年の後半から急上昇しております。

 

今後、関東圏へ攻めていくということで

テレワークの増加や働き方の意識改革にともない

都心マンション型より郊外一軒家需要が増えていくと思います。

 

僕は神川県に住んでいますが、今後テレワークが増えていくなら

もう少し郊外の自然災害のリスク低い地域であれば

一軒家のほうがいいかなと思います。

 

ということで、今後の伸びしろが十分に期待できる部分で

同社に注目しております。

 

1Qの経常利益はマイナスですが中間発表や3Qの推移を見ながら

参戦できそうなタイミングあれば検討してみたいと思います。

 

まとめ

いかがでしょうか。

以上がリブワーク(1431)に注目している理由です。

 

あくまで投資家3年生の素人見解ですので

間違っている部分があったら指摘していただけると嬉しいです。

 

ちなみに投資は自己責任ですので参考までに。。。

応援お願いします!
にほんブログ村 株ブログへ